本文へスキップ

NIIGATA SANGYO UNIVERSITY attached high school

入試情報A ENTRANCE EXAMINATION

   

入学試験要項
 1.平成30年度入試要項
 2.平成30年度推薦・第1次・部活動専願・一般併願・第2次入試日程


特待制度・軽減制度
 1.特待生制度(学業特待生制度、スポーツ特待生制度)
 2.兄弟姉妹入学金軽減制度


学費等
 学費・その他
 就学支援金等対応後の実質負担入学金・学費
 高等学校等就学支援金
 学費軽減補助金
 奨学金


入学者選抜状況

 

入学試験要項

1.平成30年度入試要項

平成30年度生徒募集要項はこちら(PDF)

平成30年度入学願書請求FAX用紙はこちら(Excel)

平成30年度入学志願者一覧表・推薦書 電子データのダウンロード(Excel)



2.平成30年度推薦・第1次・部活動・一般併願・第2次入試日程
@ スポーツ特別推薦、学業特別推薦入試
試験日 平成30年1月16日(火)
時間割 受付 午前8:30 〜 午前9:00
国語 午前9:10 〜 午前10:00
面接 午前10:20 〜 (受験番号により開始時間は異なります。)
合格
発表
平成30年1月18日(木) 午後4:00
入学
手続
 スポーツ
特別推薦入試
平成30年1月23日(火)正午まで 入学手続金納入により手続完了
 学業特別推薦入試 平成30年3月15日(木)正午まで 入学手続金納入により手続完了
3月19日(月)10:00〜16:00の間に本校にて書類を受け取る

A 第1次入試(専願)
試験日 平成30年1月17日(水)
時間割 受付 午前8:30 〜 午前9:00
国語 午前9:10 〜 午前10:00
数学 午前10:15 〜 午前11:05
英語 午前11:20 〜 午後0:10
面接 午後1:00 〜 (受験番号により開始時間は異なります。)
合格
発表
平成30年1月18日(木) 午後4:00
入学
手続 
平成30年1月23日(火)正午まで 入学手続金納入により手続完了 

B 部活動専願入試
試験日 平成30年1月17日(水)
時間割 受付 午前8:30 〜 午前9:00
国語 午前9:10 〜 午前10:00
数学または英語  午前10:15 〜 午前11:05
 作文 午前11:20 〜 午後0:10
面接 午前1:00 〜 (受験番号により開始時間は異なります。)
合格
発表
平成30年1月18日(木) 午後4:00
入学
手続
平成30年1月23日(火)正午まで 入学手続金納入により手続完了

 C 一般併願入試
試験日 平成30年2月10日(土)
時間割 受付 午前8:30 〜 午前9:00
国語 午前9:10 〜 午前10:00
数学 午前10:15 〜 午前11:05
英語 午前11:20 〜 午後0:10
合格
発表
平成30年2月10日(土) 午後5:00
入学
手続 
平成30年3月15日(木)正午まで 入学手続金納入により手続完了 

 D 第2次入試(専願)
試験日 平成30年3月16日(金)
時間割 受付 午前8:30 〜 午前9:00
国語 午前9:10 〜 午前10:00
数学 午前10:15 〜 午前11:05
英語 午前11:20 〜 午後0:10
面接 午後1:00 〜 (受験番号により開始時間は異なります。)
合格
発表
平成30年3月16日(金) 午後5:00
入学
手続 
平成30年3月19日(月)午後3:00まで 入学手続金納入により手続完了 


特待&軽減制度

1.特待生制度(平成30年度)

@学業特待生制度

 応募資格
次の@〜Dのすべてを満たす者
 @学業特別推薦入試でカレッジコース(進学コース)を志望する者
 A人物良好で入学後、難関大学を目指し、精神的に頑強な者
 B中学校成績(国語・社会・数学・理科・英語の5教科の5段階評定の合計)が53以上の者
 C出身中学校長の推薦があること
 D応募年度の前年度卒業見込者であること

 特典
次の@またはAの特典がある
 @入学金全額および授業料全額の特典(学業A特待)
 A入学金全額および授業料半額の特典(学業B特待)


Aスポーツ特待生制度

 応募資格
次の@〜Bのすべてを満たす者
 @スポーツ特別推薦入学試験で運動技能に優れ学習態度、行動、性格が良好な者
 A出身中学校長の推薦があること
 B応募年度の前年度卒業見込者であること

 部活動
野球部、サッカー部、陸上競技部、卓球部、バスケットボール部、ソフトテニス部、ゴルフ部、水泳部

 特典
次の@〜Cのそれぞれの特典がある
 @入学金全額免除の特典
 A授業料半額免除の特典
 B入学金免除および授業料半額免除の特典
 C上記以外の特典については別に審議し決定する



2.兄弟姉妹入学金軽減制度(平成30年度)

 応募資格
 当校入学時に兄弟姉妹が当校に在籍し入学を許可された者

 特典
 入学金全額免除の特典



学費等

学費・その他(平成30年度入学生)

【円】   

項  目 年 額
(1年次計)
1年次 2・3年次
入学
手続時
納入月額 納入月額
4〜3月 4月 5〜3月
入 学 金 120,000 120,000
学 費 授 業 料 279,000   23,250 23,250 23,250
施設維持費 60,000   5,000 5,000 5,000
339,000 0 28,250 28,250 28,250
その他 PTA入会金 10,000 10,000       
PTA会費 7,200 7,200   7,200  
生徒会入会金 1,000 1,000       
生徒会費 8,500 8,500   8,500  
26,700 26,700 0 15,700 0
合 計 485,700 146,700 28,250 43,950 28,250

諸経費(生徒手帳・写真・日本スポーツ振興センター掛金・心電図)約3,500円が入学手続き時および、2・3年次の4月に加算されます。



就学支援金等対応後の実質負担入学金・学費(平成30年度入学生)

【円】

項  目 年 額
(対象外)
就学支援金対象者
通常
一般
1.5倍
加算
2倍
加算
 2.5倍
加算
 就学支援金(授業料のみ対象) 118,800 178,200 237,600 279,000
新潟県学費
軽減補助金
入 学 金 49,100
授 業 料  41,400
 施設維持費 23,800  60,000
実質負担入学金(入学時のみ) 120,000 120,000 120,000 120,000 70,900
実質負担
学費 
授 業 料 279,000 160,200 100,800 0 0
施設維持費 60,000 60,000 60,000 60,000 36,200 0
339,000 220,200 160,800 60,000 36,200 0
月額換算 28,250 18,350 13,400 5,000 3,017 0

※就学支援金の2.5倍加算の支援額は授業料の額までとなります。


高等学校就学支援金(平成29年度
「高等学校等就学支援金制度」は高校等の授業料の支援として
一定の収入未満の世帯に「就学支援金」が支給されます。

就学支援金の額は、法律により、各学校において、生徒が支払う授業料の一部に充てることが義務づけられています。

※私立高校(当校以外を含む)におけるこれまでの在学期間が通算して3年(36月)を超えている場合などは、就学支援金は支給されません。


 就学支援金支給の対象および額は以下のとおりとなります。
(1)両親の「市町村民税」の所得割額の合計が304,200円(年収合計約910万円程度)以上の場合は就学支援金の支給対象にはなりません。


(2)両親の「市町村民税」の所得割額の合計が304,200円未満の場合(年収合計約910万円未満程度)
就学支援金額       月額    9,900円    年額  118,800円 … 通常一般分


(3)両親の「市町村民税」の所得割額の合計が154,500円未満の場合(年収合計約350万円〜590万円未満程度)
就学支援金額       月額   14,850円    年額  178,200円 … 1.5倍加算


(4)両親の「市町村民税」の所得割額の合計が51,300円未満の場合(年収合計約250万円〜350万円未満程度)
就学支援金額       月額   19,800円    年額  237,600円 … 2倍加算


 (5)両親の「市町村民税」の所得割額が非課税の場合(年収合計約250万円未満程度)
就学支援金額       月額   24,750円    年額  297,000円 … 2.5倍加算
                         ※授業料を上限とする。

※保護者が両親以外の場合はその者の所得による。
※年収はおよその目安であり加算の判断は市町村民税額による。
就学支援金の加算要件の確認は、市町村の発行する「所得課税証明書」に記載されている市町村民税の所得割額をご確認ください。


学費軽減補助金(平成29年度)

1.新潟県私立高等学校等学費軽減事業(平成26年4月以降に入学した生徒)

 新潟県では、県内の私立高校に在籍する生徒の保護者であって、経済的理由により学費の支払いが困難な方の負担を軽くするため、一定の要件により入学金、授業料及び施設整備費等の全額又は一部を補助する制度を実施しています。

◎学費軽減の対象者及び軽減される額
区  分 対象者(※1) 軽減される額(※2)
入学金軽減補助
(※3)
○生活保護を受けている者
○生活保護法上の「要保護者」に準じる者
○市町村民税が非課税の者
○市町村民税が均等割のみ課税されている者
入学金49,100円
授業料軽減補助
(※4)
○生活保護を受けている者
○生活保護法上の「要保護者」に準じる者
○市町村民税が非課税の者
○市町村民税が均等割のみ課税されている者
○交通遺児等で上記に該当する者
○市町村民税所得割額が51,300円未満の者(※5)
就学支援金を除く
授業料全額
施設整備費等軽減補助
(※4)
○生活保護を受けている者
○生活保護法上の「要保護者」に準じる者
○市町村民税が非課税の者
○市町村民税が均等割のみ課税されている者
年額23,800円
○学費負担困難世帯(※6) 施設整備費等全額

 ※1 市町村民税課税額は、保護者(父母)合算額で判断します。
 ※2 授業料の軽減額は、国の就学支援金を控除した後の保護者負担額に対して軽減するものです。
 ※3 入学金軽減は、当年度(平成29年度)の市町村民税課税状況で判断します。
 ※4 授業料軽減補助及び施設整備費等軽減補助の4〜6月分の軽減については前年度(平成28年度)、7月分以降の軽減については当年度(平成29年度)の市町村民税課税状況で判断します。したがって、軽減対象期間が12か月に満たない場合は、軽減対象月数に応じて軽減します。
 ※5 目安年収が350万円未満程度の世帯(親子4人世帯の場合)を算定基準としています。
 ※6 世帯全体の収入額・資産状況等で軽減の有無を判断します。具体的な基準、手続き等についは、別途お知らせします。



2.市町村 (平成29年度)

 新潟市・長岡市・上越市・妙高市・糸魚川市・田上町、等(柏崎市は平成23年度から廃止)


奨学金(平成29年度)
希望により、次の奨学金の貸与が得られるよう便宜をはかります。
種  別 自宅通学 自宅外通学 摘  要
新  潟  県 月額  30,000円 月額  35,000円 利息なし
新潟産業大学附属高等学校 学費の範囲内 利息なし


入学者選抜状況

平成29年度入学者選抜状況
試験区分 募集定員 出願者数 合格者数
専 願 第 1 次 160名  36名 36名
部 活 動 専 願  14名 14名
推 薦 スポーツ  86名 86名
学 業  19名 19名
併 願 194名 194名
一 般 併 願 106名 80名
専 願 第 2 次 0名 0名
合    計 160名 455名 429名

新潟産業大学附属高等学校

〒945-1397
新潟県柏崎市大字安田2510-2

TEL 0257-24-6644